のぞみワークショップ ビレッジの会
 
2019年度 前半活動報告
 
 

4月27日 のぞみ牧場学園主催「羊の毛刈りパーティー」出店

 

会員の皆様からご提供いただいた品物、手作りお菓子、手芸品、植物のアレンジ品などを販売しました。毎回、違う種類のお菓子や手作り品を提供して下さるおかげで、お店が賑やかになり、お客さまにも大好評でした!

朝から肌寒い一日でお昼頃からは雨が降り出してきましたが、今回も大盛況に終わることができました。会員の皆さまにはバザー品の提供や、値付け、当日の販売のお手伝いなどご協力いただき、ありがとうございました。

15月30日 親睦会

 今年度の親睦会は、お忙しい中、のぞみ先生、福田施設長、そして待望!!の新会員2名の方を含む13名の会員が参加して「cafe'のぞみ」で行いました。のぞみ先生から甘〜いデザートを差し入れして頂き、そして会員の方からも手作りの差し入れがあり、美味しく頂きました。会食をとりながら、自己紹介では、趣味・癒し・チャレンジのテーマから一つ選び近況報告をしていただきました。
のぞみ先生からは「グループホーム」の事や今後の楽しいプロジェクトのお話しを伺う事ができ、福田施設長からは利用者さんへの深い愛情が伝わってくるお話で、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。 後半はゲーム「欲張りは誰だ?」で盛り上がり、お開きのあとワークショップ製品の販売で利用者さんたちが頑張っていて、喜びと楽しみに満ちた時間を過ごす事ができました。

6月12日 見学会(作業療法)

 のぞみワークショップで作業療法の見学会を行い、中島佳子先生(のぞみ牧場学園作業療法士)のご指導の様子を見せていただきました。
今回の課題は@棒体操(棒を両手で持ち全身のストレッチをする)A玉入れ、B制作(かたつむりを作ろう!紙皿の穴に毛糸を通して、台紙に貼り、色鉛筆で仕上げる)でした。
棒体操は日頃からワークショップで取り組んでいるそうで、利用者の皆さんは慣れた様子で落ち着いてストレッチしていました。玉入れは赤組と白組に別れて、かわいらしい先生の掛け声に利用者さんたちはやる気マンマン!!賑やかに競争を楽しんでいました。制作ではたくさんの工程がありましたが、皆さん集中して取り組み、出来上がるととても嬉しそうに先生や職員の方に見せていました。一人一人違う個性的で素敵な作品が出来上がりました。
毎月の作業療法の時間をとても楽しみにしている様子が伝わってきました。

見学の後、中島先生から作業療法についてのお話を伺いました。 のぞみワークショップの作業療法では「作業活動を通して、よりよい生活や健康を目指す」 「個性を生かしながら、自分らしく活動する」「体だけではなく、心の面でも充実できる時間を過ごす」ということを大切にして、「楽しく夢中になれる活動」の課題を考えて下さっているそうです。中島先生からのお話しを伺い、一つ一つの課題の中にたくさんの目的があるのだと学ぶことができました。「皆さんの健康と幸福を願って活動しています」というお言葉が印象的で、大人になってもセラピーを受けられることのありがたさを改めて実感しました。

花の木会会員の方も参加されました

6月15日 テアトルサックスカルテット サマーファミリーコンサート&バーベキュー

 

Cafeのぞみでコンサート&バーベキューが開催されました。
当日はあいにくのお天気で、BBQは青空の下・・・とはいきませんでしたが、カフェでゆっくりくつろぎながらとても美味しくいただきました。
そしてお待ちかねの「テアトルサックスコンサート」では、ディズニー、ジャズラテン、クラシックなど、子どもが喜ぶ曲からしっとりとした大人の曲まで演奏してくださり、サックス四重奏の素晴らしさに魅せられました。後半はパーカッション奏者の方も登場し「リズム遊びコーナー」と題してお客さまもマラカスやカスタネットなどを手に、一緒に参加して会場が一体となり、とても盛り上がりました。
演奏者も会場の音響効果も素晴らしく、心にしみるコンサートでした。音楽は素晴らしい!

私たちは、子どもが静かに聴いていられるかな?体調を崩さないかな?など心配で、なかなか親子でコンサートに行くことが難しいこともあります。のぞみ先生が、私たち家族や子どもたちのために楽しい企画を考えてくださり、色々な体験をさせてくださることに心より感謝しています。これからも、のぞみカフェでの催しを楽しみにしています。